拒否する手

相続放棄したほうがいいケース

相続の処理の方法の一つとして、相続放棄があります。 これは、遺産を全て放棄する方法です。 相続放棄をしたほうがいいケースにはいくつかありますが、主な例を挙げていきましょう。

 

まず一つめは、借金、負債などのマイナスの遺産が多い場合です。 相続ではプラスの遺産だけでなくマイナスの遺産も相続することになり、このマイナスの遺産が多いと自身が負債を背負うことになります。
そのため、圧倒的にマイナスの遺産が多い場合は、相続放棄を選択するべきです。 もし、プラスになるかマイナスになるか微妙な場合には、限定承認を選択するのが良いでしょう。

 

そして二つめは、被相続人が連帯保証人になっていた場合です。 連帯保証人とは、債務者がお金を返せなくなった場合にその債務を肩代わりするための保証人です。
この「保証人」という地位も、相続を受けることで相続されてしまいます。

 

債務者が問題なく返済をしていれば影響はありませんが、万が一の事を考えると、相続放棄するのが良いでしょう。

 

また、財産がほとんどない場合などに、後で借金が発見された場合に備えて相続放棄をしておくこともあります。
更に、先々の相続税の問題などを考えて、相続放棄をするケースもあるようです。

 

なお、相続放棄をすると、最初から相続人であったとはみなされないことになります。 そのため次の順位の人が相続人となります
。 相続放棄する場合は、その結果、相続人が誰になるのかも確認し、トラブルの種にならないようにしましょう。