役所

相続手続きの進め方

相続手続きの進め方は、主に以下のような流れになっています。

相続は、人が死亡した日から開始されます。
相続が開始されたら、まず最初に行うのは被相続人の遺言書の有無の確認です。 遺言書の有無は相続全体の流れや内容に大きな影響を与えるため、最初に確認しておく必要があります。

 

遺言書がある場合は必要に応じて検認の手続きを行い、遺言書で指名された人が相続人となります。 遺言書がない場合は、法定相続人が相続人となります。

 

相続人が特定できたら、遺産の内容を調査し、それらを全て含めた目録の作成を行います。

 

この目録を元に、どのように相続をするかを決定します。
相続放棄は相続人一人ひとりが行うことができますが、限定承認は相続人全員で行う必要があるため、まずそれを決める必要があります。
そしてその後に、相続人全員による遺産分割協議が行われます。 遺産分割協議で合意ができなかった場合は、調停や裁判に移行し、遺産分割の内容を決定します。

 

遺産分割の割合は法定相続分として決められていますが、相続人全員が同意すれば、特にその割合に従う必要はありません。
また、不動産や美術品など分割が難しい遺産の場合は、協議によって売却して分割をしたり、一人が受け取って他の相続人には自分の持っている固有財産を渡すなどの方法を取ることができます。

 

決定した内容にしたがって、名義変更など、実際の遺産分割に伴う手続きを進めます。
この遺産分割の内容に基づき、相続税を計算し、申告と納付の手続きを行います。 ただし、基礎控除に収まる金額の相続財産の場合は、特に手続きの必要はありません。