遺言書

遺言の有無による遺産分割の違い

 

相続が発生した際、被相続人が遺言を残していれば遺言の内容が優先されます。
遺言がない場合には、民法に基づいて決められた相続人に対し相続が行われ、これを法定相続と言います。

 

法定相続の場合、各相続人への遺産の割合は民法で決められています。
相続人が配偶者と子の場合は2分の1ずつ、配偶者と親の場合は配偶者が3分の2、親が3分の1、配偶者と兄弟姉妹の場合は配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1となります。
子、親、兄弟姉妹が複数いる場合には、それぞれの法定相続分を人数で割ることになります。

 

また、配偶者がいない場合は子のみ、親のみ、兄弟姉妹のみのいずれかが法定相続人となります。 この場合は全てを相続人の人数で均等に割って計算をします。

 

しかし、実際には話し合いで遺産分割を行うことが多く、厳密にこのような割合にはなりません。 そして、遺言がある場合は、遺言に書かれている内容が最優先です。

 

遺言は被相続人が亡くなる前に、自分の意思で遺産の配分を決めておくものです。
遺言書の書き方はいくつかありますが、決められた内容が記載されていないものは効力を持ちません。

 

効力を持つ遺言が存在している場合、基本的には遺言の内容が尊重されますが、例外もあります。
例えば配偶者でもない愛人に全ての財産を与える、など本来の相続人となる配偶者などが納得しかねる内容だった場合、自分の取り分を主張することができます。 これを「遺留分」と呼びます。

 

なお、主張できる遺留分は、法定相続分の2分の1(一部3分の1の場合あり)と決められています。 ちなみに、兄弟姉妹には遺留分は認められていません。